会社案内/沿革と理念 - 硝和硝子株式会社

Home > 会社案内/会社概要 > 沿革と理念

沿革

1952年 福井市宝永上町で硝子工事業を創業
1954年 資本金50万円にて株式会社に改組
硝和硝子株式会社としてスタートする
1958年 合成樹脂部門を新設
硝子部・合成樹脂部の2部体制となる
1965年 資本金200万円に増資
1967年 新社屋を建設
1968年 自動ドア部門を新設
硝子部・合成樹脂部・自動ドア部の3部体制となる
1973年 資本金300万円に増資
1974年 資本金500万円に増資
1975年 資本金800万円に増資
株式会社 硝和立山サッシセンターを設立
1976年 資本金1000万円に増資
1981年 合成樹脂部門・倉庫兼プラスチック加工場を新築
1986年 資本金2000万円に増資
1988年 株式会社 硝和立山サッシセンターの事務所 兼 加工場を新築
1991年 新社屋落成(現・福井本社)
2001年 ISO9001認証取得
2002年 商環境事業部新設に伴い加工場を新築
2006年 ショールーム開設
Webサイト「ぷらすちっく工房」を開設
2007年 敦賀支店を開設
メンテナンス事業部新設
合成樹脂部門をサイン事業部と産業・工業事業部に分離する
2009年 株式会社 硝和立山サッシセンターを株式会社硝和プラスに改名
2011年 「窓ショップ福井開発店」を開設
創業より60年を迎え、現在に至る

理念

『いつも人から People come first』
個人一人一人が豊かになり、安心できる会社になることこそ、会社存続の意義・目的と考えます。

そのためにも、何よりも人材の育成・レベルアップを図っています。

すべての経営の根拠に人をおき、すべての発想を人から考える。

いつも変わらぬ理念です。
『崇高』
当社は「崇高」を商標登録しました。(平成3年 商標登録/第13678号)