HOME > プロの技紹介 > パフがけ加工

プロの技紹介《パフがけ加工》

バフがけ加工

板の断面(小口)につやを出し、見た目がきれいになります。
特に、ディスプレイやテーブルトップのアクリル板に使用します。
ポリカ板・ペット板・塩ビ板にはあまり使用しません。

手バフ(バフ盤)

手バフ

当社では、「手バフ」と呼ばれています。
板の色に関係なく、つや出しができます。

手バフ

右記の丸い物が回転し、板を研磨します。

《注意》
大きな板は使用できません。
また、変形・異形のものも不可能です。

ガスバフ(オートガスウェルダー)

透明の板しか使用できません。(色物は焦げてしまいます。)
大きな板でもつやを出すことができます。
また、変形・異形のものでも可能です。

お問い合わせはこちら

[an error occurred while processing this directive]
  • ぷらすちっく工房とは
  • 規格品購入はこちらから
  • オーダーメイドご注文方法はこちらから
  • ポリカーボネート板売り.com

硝和硝子株式会社

〒910-8533
福井県福井市開発2丁目121番地
TEL 0776-54-3355
FAX 0776-53-2735
E-mail plastickoubou@g-showa.co.jp
URL http://www.g-showa.co.jp/
» プライバシーポリシー
» お問い合わせ
» お取り引き